meta content="summary" name="twitter:card"> マサノヘのトンデモブログ 青単に勝てる!ジャックビート!
たま〜になんか書きます(^^)

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもども、まさのへでっす。
この「まさのへさんのストレイジ」ではまさのへのストレイジに入っているデッキを公開していきます
そのデッキを使ってくれたり診断してくださると、とてもうれしいです

さて、そんな「まさのへさんのストレイジ」記念すべき第一回は
2008年下半期まさのへの絶対的相棒といえる存在だった
「まさのへ式4色ジャックビート」です
お気に入りのデッキだけにかなり文が長いですが、どうか最後までお付き合いくださいまし

さて、最新弾が発売されてから早1ヵ月ちょいですね
その最新弾でもっともピックアップされていたカード達は・・・?

お分かりの通りサイバー種族を中心とした水文明の速攻カード達ですね
こ奴らの登場により環境に青単速攻が復活してきました
以前のパシフィックチャンピオンのように単体がとてつもないカードパワーを持っているわけではありませんが
パラダイスアロマやティナ等軽量進化獣による人海戦術や海底鬼面城による爆発的なドロー
アストラルラッシュによるバウンスなど全体的に隙のないデッキに成長しています

そこで今回お勧めするのがジャックビートです
なぜ速効デッキに対してジャックかと言うと
①ジャックは召喚時の効果と殴り返しにより1ターンに2体を除去できる
②進化元として入る2コストのクリーチャーにより相手のビートを牽制できる
③コントロールのデッキと違いS・トリガーを積まずに、自然に対策できるのでデッキのバランスが崩れない
が挙げられます

まぁダラダラと書いていても仕方ないのでそろそろレシピの方を

「まさのへ式4色ジャックビート」
永遠のジャックヴァルディ×4
無頼勇騎ゴンタ×4
ガントラマキシバス×4
闘竜炎霊パイロン×2
無頼封魔アニマベルキス×1
鎧亜の咆哮キリュージルヴェス×3

衝撃のロウバンレイ×3
襲撃者エグゼドライブ×2

薫風妖精コートニー×2
ビーストチャージ×4

光線人形ストリウム×2
斬撃虫ブレードワーム×3

斬隠テンサイジャニット×2
アクアサーファー×4

なんだか普段見られないカードが結構入っているのではないでしょうか?
では各カードの解説を

・薫風妖精コートニー
なんでこんなカードが入っているんでしょう?
もちろん色事故回避のためもありますが本当の狙いは
単色緑マナでなおかつ2コストパワー2000以上(サーファーと相討ち、ローズで溶けない)のアタッカーであることです

アタッカーはともかくなぜ単色緑マナである必要があるのか?
それは2ターン目に最も召喚したいゴンタの為です

1ターン目に赤入りのレインボーを置いたと仮定してください
次のターン、ゴンタを召喚するために置かなければならないマナは単色緑マナだけです
その関係から単色の緑マナをある程度の枚数確保しなければならないのです

また、その逆パターンもあり単色の赤マナについても同じことが言えます

・ビーストチャージ
これもなかなか見ないカードですが、このデッキの唯一のドローなので大事なカードです
シノビの登場で少し株が落ちましたが十分現役です

基本的な使い方は2→3とつないで4ターン目に二枚シールドを割りつつ使うのがベストでしょうか
サーチするカードはその状況によってさまざまですが基本はジャック+スピードアタッカーで押し切るのがお勧め
後述しますが4ターン目に使用した際のアタッカーがガントラであれば次のターン6マナに到達しますので、2コスレインボー+ジャックで奇襲することもできます

そして最も重要なテクニックは対速攻の時です
速攻が相手だと手札は勝手に増えるのでドローはいらないと思いがちですがこのカードは違います
単純なドローではなくサーチ・・・
そう、シノビを手札に加えることができるのです!
ビート調のデッキでは対速攻だとシールドの殴り合いになることが多々ありますが
ビーストチャージでシノビをサーチすることでシールドの枚数で優位に立ちつつバトルゾ-ンにおいても優位に立つことができるのです

相手にシールドがある限りビーストチャージ一枚でシノビを山札の下から回収できるのでシノビは4マナに到達したとたんに惜しみなく使ってしまいましょう
このテクニックを駆使すれば青単相手にかなり優位に立てます
ただし相手のジャニットには注意しましょう

・ガントラマキシバス
単純に考えてハイスペックだということは分かるのにあまり使われていないかわいそうな子
アタック時にマナを増やせるので間接的に手札消費を抑えることができます
可能な限り3ターン目に出してガンガン殴りましょう

前述した通り2コスクリ→コイツからビーストチャージに繋がると手札消費は激しいですが5ターン目にジャックで奇襲できます

・闘竜炎霊パイロン
基本的にゴンタの下位ですが最低限のジャックの種として
また、ロウバンレイとのシナジーも
あと普通のビートデッキではありえないですが、このデッキではO・ドライブがたまに使えます
へヴィメタルを除去出来たり、ギャラクシーのシールドフォースを解除出来たりするので
覚えておきましょう

・鎧亜の咆哮キリュージルヴェス
3枚は積みすぎな気もしますがコイツを1ターン目に置けると後々かなり楽になるのでこの枚数です
それでなくてもキリューの強さは皆さんもうわかってますよね

・光線人形ストリウム
ほぼコートニーと同じような役目です黒マナがないとジャックが出ませんからね

・斬撃虫ブレードワーム
こいつもなかなか見ないカードなんじゃないかと
一言言っておきます、こいつは「強い」です
このデッキは基本的に4色で動きます(青は少ないですが)とするとこいつはたった4マナで
-4000修正持ちのクリーチャーに化けます
4000というと
今流行りのティナはもちろんコントロールに多く採用されているデ・バウラ伯
さらにジャックの天敵ともいえるタージマルなどを破壊しつつ登場できます
しかもマイナス修正なので汎用性も十分です
コートニーがいればバキューム、ロマネスクまでも食えます
コイツは一度使ってみてください、絶対強さがわかります
使われた方は「この蟲野郎!!」といってあげましょう


カードの解説はこんなもんです
あとは各カード間のシナジーをうまく利用してガンガン攻撃していけばおのずと勝機は見えてくるでしょう

まぁこれはまさのへ主観のデッキ構築ですので
「ドローがたりない!」
とか思った場合は青を追加するのもアリですし
「速攻対策が甘い!」
と感じられたらジャニット追加するなどしてあげてください

この記事を見て少しでも皆さんの助けになれば幸いです
お付き合いくださってありがとうございました!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masanohe.blog91.fc2.com/tb.php/4-52f81a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。